Shopify

Shopifyショピファイ とは?

Shopifyは、自社ECサイトを運用するために最適なプラットフォームです。

Shopifyは世界最大の自社ECサイト開発・運用のためのクラウドサービスです。100万店舗以上が稼働中で、中小規模から年商1,000億円強の自社ECサイトまで稼働しております。用途は日本国内、越境、海外ドメスティックのBtoC、卸売、店頭POSシステムとしてなど、幅広く、規模の経済が働くためオートスケールする強靭なインフラが破格の利用料で利用できます。
従来あった心配事、例えばシステムとインフラが老朽化したもののコストがかかりすぎてバージョンアップ出来ない、テレビに出たりLINE広告を打つからサーバーが落ちそう、などのインフラの心配はありません。

 

Shopifyショピファイ Plusとは?

Shopify Plusはエンタープライズスペックの自社ECサイト構築プラットフォームです。

Shopifyには4つのプランがあり、その最上位プランがShopify Plusです。国内向けエンタープライズECサイトが定常運用するための拡張性・インフラ・ツール・サポート体制が揃っています。

 

当社がShopifyショピファイ Plusを推す理由

Shopifyのオープンエコシステムに入れる

ShopifyのオープンなAPIやプラットフォームポリシーにより、外部サービスとの連携が非常に充実しています。
世界ではじめてInstagramのショッピング機能と連携したりAmazon Payが管理画面に組み込まれていたりと、Shopify公式の連携もあれば、 各種サードパーテイーとの連携やShopifyの機能を拡張するモジュール(App)が充実しています。例えばCriteo、Treasure Dataや高度なパーソナライゼーションツールnostoなどは連携が既存であるため、独自開発不要で連携の利用開始ができます。
国内でもNP後払い、atoneなどの決済プロバイダーをはじめ、物流やマーケティングツール等が多数連携しています。

 

API中心のオープンアーキテクチャで連携が開発できる

ShopifyにはREST API、GraphQL、webhookなどのデータを扱う仕組みが標準搭載されており、外部システムとのデータ連携が可能です。色々なシステムがある中で、通常Shopify Plusが一番動かしやすいシステムの位置づけとなるため、データのハブにもなりがちです。
当社のプロジェクトで頻繁に連携する外部システムの例としてはWMS(クライアント様倉庫で導入されているもの)、ERP(SAP、NetSuiteなど)、DWH・MAツール(Salesforce Marketing Cloud、b→dash)などがあり、相互的にAPIを介した連携か、SFTPサーバーを介したCSVファイル連携により実現しています。

 

オムニチャネル施策が実現できる

Shopifyは公式でPOSシステム(Shopify POS)を出しており、ShopifyのEC機能とPOS機能を使った場合、完全なオムニチャネルソリューションが実現可能です。同時に、Shopify POSを使わずとも、オフラインとオンラインでのポイント同期、EC画面での店舗在庫表示、店舗でのEC在庫参照、ECの購入フローでの店舗受け取りオプション取り付けなど、顧客を統合する施策が実現可能です。

 

どこまでもスケーラブル

インフラに関して心配が要らないのがShopifyの大きな特徴です。WordPressのように利用者側でバージョンアップデートやサーバー管理をする必要なく、より攻めの施策にリソースを向けられます。 1分間で10,000購入に耐えうるインフラ(バックボーンはGoogle Cloud)で、オートスケールは自動でされ(設定なども不要です)、負荷でサーバーが落ちたり、在庫の売り越しをしたりすることもありません。

 

デベロッパーエクスペリエンスも良い

プラットフォーム選定時に見落とされがちなのが、デベロッパーエクスペリエンスです。UXや運用面での使い勝手、オートメーションできる度合いなどはもちろん超大事ですが、UXの勝ちパターンが分かったり運用が安定してきた後にサイトをグロースさせるために重要となってくるのが、いかにデベロッパーがECシステムに手を入れやすいかです。
管理体制がガチガチになりすぎてリリース出来る頻度が著しく少ない、ソースコードを把握しているエンジニアがいなくて何かを変えると何か意図せざる副作用が出る、またそのため改修が億劫になるということはないでしょうか?

システムだけの問題ではないため、Shopify Plusであると全ての問題が解決するわけではありませんが、少なくともエンジニアが手を動かそうと思った時に、他のシステムに比べてShopifyは極めてデベロッパーフレンドリーなアーキテクチャになっています。ShopifyのAPI中心アーキテクチャゆえ、技術的負債の相対的な溜まりづらさも大きい魅力です。発展途上の点としては、開発者向けドキュメントはまだ英文のみの提供が多いことです。

 

Flagship × Shopify

Flagshipは日本初のShopify Expertとして、Shopifyと共にShopify本体や周辺機能の日本ローカライゼーションに取り組んで参りました。 Shopify HQの各種チームやエンジニアとも直接繋がっており、新機能の先行プレビュー/フィードバックのプロセスにも関わっています。 また日本初のShopify Plus Partners資格を有しており、Shopify Plusストアを中心にお客様のストアを迅速に、ご要望に合わせて構築できるお手伝いをさせていただいております。
お問合わせはこちらよりお待ちしています。